FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなちいさな子

7月21日の朝。
姉から急に電話があった。

『友達の所に仔猫がいるんだけど。なんとかして』
「…家猫が産んだとか?」
『そこんち犬飼っとんのに』

仕事へ行く時間まで1時間弱。
姉も電話で相談されたらしく、乳飲み子らしいということしか判らないので
とりあえず急いで連れて来てもらった。
人によっては乳飲み子といっても、結構大きい子のことでも乳飲み子というからと
高を括っていたのだけれど。

姉がつれてやって来たのがこの子。
カイちゃん①

まだ目も開いていない、手のリサイズの小さな赤にゃん。

ちっこいねぇ

猫アレルギーのある姉は(私もあるんだけどね)コットンの重ね着のワンピースに
仔猫を包んでやって来た。
受け取ったときに身体が冷え切っていたので、慌ててあんかを出してフリースで
身体を包んで保温。

臍の緒付き

体重95g 臍の緒付き
私には性別の判断がつかないんだけど、茶トラだから多分男の子かな?

ミルク~

ミルクをあげると何とか飲んでくれて一安心。
見ていてこっちがうぇってなりそうなほど一生懸命咥えてる。

離さへんで~

哺乳瓶に手を添えて必死にゴクゴク。
よっぽどお腹がすいていたんだね…

どうしてこんな小さな子が1匹でいたのか。
蚤もいないし、身体もキレイ…(シッポはちょっと便で汚れてたけど)
だとしたら野良猫の育児放棄ではなく、人が捨てた線が濃厚だろう。
他に兄弟がいなかったのか気になるけれど、どうしようもない。
家猫が産んだのを捨てたのか、野良猫が自分の家で生んだのを捨てたのか…
産まれてきて欲しくないなら不妊手術をすればいいのに。
そうしてくれたらこんなかわいそうな目に遭う子はいなくなるのに。
今まで何度こんな想いをしただろう。

ここまで小さい子は育てたことがなくてとっても不安が募るけど。
でもカイ(姉が命名・カイハラさんちに捨てられてたから)は大きな声で
「生きたい!!」と鳴いている。

おねむ~

お腹がいっぱいになったのかうつらうつら。
仕事があるので、あとは母に授乳を頼んだ。
(1時間遅刻だったけど、こういうときは融通のきく職場で助かる)

安心して眠るこの子を守りたい。
夜遅い授乳も苦手な早起きも頑張るから。
どうか無事に大きくなってくれますようにとそれだけを想う。

頼りない仮母だけど、一緒に頑張っておくれ。



追記:今日やっとウンチをしてくれました!

コメントの投稿

非公開コメント

こんなにちっちゃくても
一生懸命生きようとしてる。
赤ちゃんの生きようとする姿は
動物も人間も
皆同じです。
我々大人も
忘れかけてることを
見直さなくっちゃ!

まねきねこにゃー様

コメントありがとうございます。
どんな動物でも赤ちゃんは100%純粋無垢な存在ですね。
一生懸命ミルクを飲んで、眠って、ただただ生きようと頑張ってます。
お世話させてもらっている私のほうが大切なものを貰っているような気がします。

ちっちゃな命と保母さん、がんばれ~!!

がんばってミルク飲んでえらいですね!
一生懸命な姿に心打たれます。
乳母さま、乳飲み子は大変だと思いますが、がんばって!
 

ボルトの母ちゃんとこにもここにも!!
それも臍の緒!!
大変でしょうが、がんばってくださいね。
私は子猫経験なしなので、想像もつかないのですが、
竜田姫さんに繋がれた絆ですね、良い人にめぐり合えてよかった。

ネコ親さん

ちっちゃいながらも徐々に体重も増えてきてほっとしています。
(現在132g)
二人三脚で頑張ります~。

八重樫さん

10年来の乳飲み子、しかもここまで小さい子は初めてなので、取り扱いが凄く恐かったです。
まさむねがじゃっくん似、カイはチャイちん似とお揃いになりましたね(笑)
無事に大きくなれるよう応援してやってください。

ゆりっちさん

もうどうしようと本当に慌てました;;;
私は昼間仕事でいないので母親が見てくれているのですが、今回ほど親がいてよかったと思ったことはありません(←コラ)
ポンの時は拾ったのが11月だったので、車の中で授乳させたのですが、さすがに今の時期はそういうわけには行きませんものね。
カイにとっていい人かどうか判りませんが、私に出来るだけのお世話をと頑張っています。

おおおお・・・・うちよりちっちぇえ・・・
うんぴも出たし、体重も増えたし、とりあえずは一安心かな。
この仔もノミがいなかったとか。
うちもそう。
もう回りは怪しいヒトだらけです。
ガンバロー仮母!

ぼるとの母ちゃんさん

正直、最初見たときはムリかも、と思いました。
(いえ、私がですが;;;)
でもやれば何とかなるもんですね。
ていうか、カイが頑張ってくれてるからなんですけど。
本当に心無い人のなんと多いことか。
それだけに、ぼるとの母ちゃんみたいな同士の存在が心の支えになります。
一緒に頑張りましょうね~~~ガシッ!!(←ハグする音)
sidetitleプロフィールsidetitle

竜田姫

Author:竜田姫
3匹の猫と暮らしています。
ボランティアのお手伝いでステイもしています。

sidetitleいくつになったの ver2sidetitle
sidetitleくろねこ時計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle応援しますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。