スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命のカウントダウン

震災以来これまで懸命にに生き延びた動物達の、命の期限が迫っています。

以下、転記です。



力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!


転載歓迎 拡散希望!!

大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html

(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー様より



今日の正午0時…あまりに時間がなさ過ぎる…
行政にとって人間以外の生き物の命はどうでもいいんだろうか…

コメントの投稿

非公開コメント

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討

のようです。
待ってる時間がもったいない。。。

ぼるとの母ちゃんさん

検討するヒマがあったらすぐ実行に移して欲しいですよね。
どうしてこうも段取りが悪いのか。
超法規的措置でもなんでも使って実行して欲しい。
今日のNスタ、仕事が遅くなったので見られませんでした。
残念…

ペット連れ出しを検討 ・・・そうなんですか。ちゃんとしてくれればいいけど。。。
マスコミも、芸能人の炊き出しばっかり映していないで、もっと自分たちのするべきことを考えてほしい。
原発容認派の御用学者ばかりにしゃべらせて、なんだか大丈夫大丈夫・・・という雰囲気作りに励んでおいて、今さらこんなことに。こんな状況になることは3月の16日あたりにはわかっていたはず。はじめに避難すべきときがくることをちゃんと知らせて住民にできるだけの準備をさせることだってできたはず。そうすれば助かった命がたくさんあったはず。国もマスコミも情報を隠しているのがみえみえで、ここは日本ではないように感じます。

ゆりっちさん

人間の社会なので人間が一番だというのは理解しています。
ちゃんたさんのmixiのコメントにもあったように、「人命、衣食住・基本的な生活が確保できてこそのペット」という考えの人が多いということも。
それでも行政の対応には納得できないししたくもない。
悲観的な報道ばかりでなく芸能人の炊き出しのように明るい報道も必要とは思いますが、美談で人の注目を集めようとするマスコミのご都合主義ばかりが目に付きます。
以前から日本の行政はなにかと都合の悪いことは隠蔽する傾向にあったけど今回は特に酷いと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

竜田姫

Author:竜田姫
3匹の猫と暮らしています。
ボランティアのお手伝いでステイもしています。

sidetitleいくつになったの ver2sidetitle
sidetitleくろねこ時計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle応援しますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。