スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滂沱の涙

8月12日。
私の愛しい愛しいバロンが虹の橋へ行きました。
未だに気が緩むと叫びだしたいくらいの喪失感で頭がおかしくなりそうになります。

原因は鼻腔内のリンパ腫。
3ヶ月前に逝ったルンバと同じリンパ腫。


始まりはルンバが逝ってから1ヶ月くらい。
バロンは以前から鼻炎持ちだったので、ああ、また鼻水が出始めたなぁとしか思いませんでした。
病院で薬をもらっていたのですが、なかなか治らなくて次第に血が混じりだして。
なんだか左側の額も出っ張ってきたような気がする、と思い出したのが6月の半ばで。
お薬も何度も変えても効かなくて、額のことを先生に話してもCTでないと判らないということでした。

手をこまねいている間に症状は次第に酷くなって、額は気のせいではなく腫れてきて、左の鼻は完全に詰まってしまってうまく息ができなくなって目も見えていないようでした。
身体全身で苦しそうに呼吸する姿に見るに見かねてしっぽ診療所の先生にセカンドオピニオンをお願いしました。
そこで言われたのが腫瘍だろうということ。
確認するにはやはりCT検査が必要で、CTを持っていて癌治療ができる病院を教えていただいて6月末に行きました。

最初は問診と身体検査だけで「それでは7月12日にCT検査の予約をいれます」と言われて帰りましたが、容体はますます悪くなるばかりでついには開口呼吸をしたまま寝たきりになって。
このままでは明日逝ってもおかしくないと、病院に電話して事情を話してお休みの日ですが見ていただきました。

倍量のステロイドや抗生剤、止血剤などの注射投与が効いたのか、劇的に容体は回復して久しく自分から食べなかったカリカリもおいしそうに食べて左目が塞がるほどだった額の腫れもほとんど判らないくらいになくなって。
この時期は本当に治ったんじゃないかと思うくらい、健康な時と同じような生活ができました。
バロン①
本当に幸せな時間でした。

でも病魔は確実に手を広げていて。
CT検査の結果はやはりリンパ腫でした。
治療手段は放射線治療か抗がん剤治療。
放射線治療は仕事の関係でどうしても無理だったので抗がん剤治療を選びました。

1週間ごとに1回の治療でしたが、効き目がほとんどなくてステロイドの飲み薬も次第に効かなくなって。
一度でもいいから放射線治療をしてみませんかと提案されて、バロンの体調が良くなったら試してみようと思っていましたが、それもできないくらいどんどん具合が悪くなっていきました。
バロン③
ずっと傍についていたかった。
痛々しく腫れた額を撫でていてやりたかった。

治療を始める前に予後はどれくらいかと聞いたとき、「同じような症例の子では3~4ヶ月くらいでした」という返答が返ってきました。
抗がん剤治療を始めて1ヶ月。
予想よりもずいぶん早くその日は来てしまいました。

以前のように鼻は詰まっていなかったので息ができていたのがせめてもの救いです。
やっとのことで仕事を早めに上がらせてもらって帰ってきて。
もうほとんど意識のないバロンの手を握って。
私が来るのを待っていたように、早く浅い呼吸がゆっくりになっていったかと思うと。
ひきつるようにバタバタっと手足を動かして…それが最期になりました。
バロン②
気の優しい、いつも笑ったような顔をしている子でした。
綺麗なアイスブルーの目をしていました。
亡くなった時の可哀想なくらい腫れあがった額の顔はもう見たくありません。
可愛い顔のバロンを記憶にとどめておきます。

今こうしていても涙が止まりません。
心が半分もぎ取られたみたいに痛い。
喉の奥に熱いものがこみあげてきて夜もあまり眠れない日が続いています。

こんなことじゃバロンに心配をかけてしまうね。
母ちゃん、頑張って早く立ち直るね。
出来るだけ頑張って、少しでも多くのバロンの仲間を幸せにするお手伝いをしてからそっちへ行くから。
お姉ちゃんのルル子と一緒に虹の橋で待っていてね。

愛しい愛しい…本当に愛しい私の子へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少しは気持ちが落ち着いてきてますか?
本当にきつかったと思います。
大変なときにも、保護猫たちのお世話をがんばっている姫、
ほんとうに猫を代表して感謝します。

Re: ゆりっちさん

> いつも心配をおかけして申し訳ありません。
> さすがに1年に4匹は堪えました。
> とどめに8歳のバロンまでもっていかれてしまって。
> 気持ちはなかなか前に向きませんが、時間はいつも通り
> 流れていて、それがかえって安心したりします。
> ゆっくりですが復活していますのでまたお話ししに来てくださいね。

No title

愛しいものとの別れ。
バロン君、こんどは昔の体に戻り、ルル子さんと竜田姫さんが来てくれるまでゆっくり、楽しく待ちましょう。若過ぎたけれど、楽しい日々の多い生涯だったでしょう。私も、一番良かった時の姿と楽しかった時を追想しながら過ごします。貴女様と縁あった子達は、楽しい思い出を詰め込んで旅立ちの日を迎えたに違いありません。虹の橋の袂に雨を降らさないように元気をお出しください。
 小生も少々目を悪くして、PCが億劫になり、御無沙汰してしまいました。とうほうも、4月にサリーが5月にファーが旅立ちました。
季節も良くなります。ご健勝のほどを祈念いたします。

yasuさん

大変ご無沙汰しております。
優しいお言葉、とても心に染みました。
私がうちの子にしてやれたことは多くはありませんが、
愛情だけは悔やまぬよう注いだつもりです。
今は心もだいぶ落ち着きましたが、ふとしたことで想いが
溢れてしまいます。
yasu様の方でも、2匹の愛猫とお別れしたとのこと、
胸の痛みはいかばかりかと思われてなりません。
以前からお目を悪くされていたようですが、ご無理を
せぬようお過ごしください。
私は股関節を痛めてしまい、来年、人工関節の手術を
することになりました。
時間ができたらまたPCにも触る機会も増えるでしょうから
今までいろいろあって滞っていたブログの更新もしたいと
思います。
寒い時期になってきましたので、どうぞお体をおいといくださいませ。


sidetitleプロフィールsidetitle

竜田姫

Author:竜田姫
3匹の猫と暮らしています。
ボランティアのお手伝いでステイもしています。

sidetitleいくつになったの ver2sidetitle
sidetitleくろねこ時計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle応援しますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。