スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた新入り

はい、また来ましたよ~(;´ω`)

にゅーふぇいすクン。
みー太

我が家のみーによく似た柄なので仮名『みー太』男の子

うちの周りには仔猫はいないのに突如現れたので、恐らく捨てられたものと

思われ。

私は気がつかなかったのですが、1週間くらい近所の方にご飯をもらっていた

ようです。

仔猫がいるよ~とかかりつけの先生に言われて気をつけていたところ、外猫の

ご飯を食べに来ていたところを御用にしました。

ご覧の通り、人馴れ度200%の超グルニャンです。

すやすや

これ、保護した翌日の写真です。

よくこんなに懐いてくれる子を捨てられるもんだι(`ロ´)ノ

みー太クン、11月4日の中庄自動車教習所の譲渡会でデビューです。

他の保護っ子共々ヨロシクお願いしますm(_ _)m

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【またまた新入り】

はい、また来ましたよ〜(;´ω`)にゅーふぇいすクン。我が家のみーによく似た柄なので仮名『みー太』男の

コメントの投稿

非公開コメント

かわいいみー太くん。捨てられてたなんて信じられないくらいいい子なんですね。竜田姫さんに保護されてラッキーですよ!今度の譲渡会は仔猫祭り??

本当に当たり年~e-280

かぁわいいいぃん。この人なつこさでご縁をゲットして欲しいです!

stellaさん

今年に保護した仔猫の中では一番懐っこいかも。
絶対、飼われていた子だと思います。
4日の譲渡会は仔猫祭り確実なので、時間がありましたらぜひ足をお運びくださいね~♪

ぼるとの母ちゃんさん

ええ、本当にお互いに~~~って感じv-356

ねこ親さん

愛らしさはぴか一ですよ~♪
グルニャン好きの人なら一発で落とせるかも(^m^)
良縁よ、こーーーいv-237

かわいい~~~~~
みー太くん。良縁がありそうな予感がします!
速攻 保護できる勇気と環境が私もほしい。。。。
旦那の会社の駐車場に子猫がわらわらと現れていると聞き、
心が痛むのであります~(>_<)

ゆりっちさん

うーん、みー太に良縁が早く来るといいのですが。

うちも保護スペースなんかほとんどありませんよ~(^^;
1階の玄関先の部屋が父の書斎兼仔猫の保護部屋ですが、現在定員オーバーで廊下まではみ出しています。
ってか今日もまた1にゃん…ふぅ……

また1にゃん!?ああ・・・・・・
また何かできることでお手伝いしたいと思います。
うちも少し余裕ができたら、外スペースにでも住まえるような場所を作っておこうと庭を眺めております。
うちの息子・娘が独立すれば部屋は空くのですけど、全くその兆しがなく。。。

ゆりっちさん

ありがとうございます~(*^-^*)
お気持だけいただいておきますね。
ゆりっちさんの所へはまたゆりっちさんの助けを求めてる子が来る気がする…。
今日、たまちゃんがトライ入りするのでメンバー交代?みたいな感じです(笑)

お久しぶりです

ご無沙汰しています。
 縁結び役を仰せ付けられていらっしゃるようで、何かと、大変ですね。良縁が見つかった時の喜びで相殺ください。
 私は、殆どが捨て猫と暮らしてきたので、捨てた人を、多くのボランティの方の様に人でなしとはいう気にはなれません。捨てられて、幸せだった子もいるだろうし、捨てるのに辛かった人もいると思います。そして、幸せになって欲しいと願った人もいると思います。我が家の、猫達(野良から生まれた子もいるかもしれませんが)を捨てた人にこの子はこんなにして暮らしてますよと知らせてあげたい気持ちが有ります。花恋の元親さんを人でなしと言う方が多いですが、花恋は、その方が公園で保護して私へと縁を繋いでくれたから元気に、私を楽しくさせてくれています。
 自分達だけが、善行者で捨てた人は非人とするのは、気持ちは分かりますが、私は、採りたくない考え方です。

yasuさん

10月11月と徐々に巣立っていく子が出てきました。
夏場は毛モノは暑いからか、やっぱり猫はなかなか貰い手が見つかりませんでしたので嬉しいです。

人によりけりで色々な考えがありますが、私は自分の事を善人と思っているわけではありません。
ましてや助けてやっているという気でしているわけでもない。
どちらかというと罪滅ぼしです。

私が猫を捨てた人間に対して憤っているのは、以前にうちの庭に捨てられた子が私が見つけたときには寒さと飢えで既に手遅れで、お腹がすいて食べても吐くばかりで助からなかったという事実があるからです。
ちなみになぜ野良猫の子ではなく、捨てられたのが判るかというと、うちの家は道の突き当たりにあってわざわざ車できて捨てて言ったのを知っていたから。
私はその子を捨てた人間に、どのようにしてその子が亡くなって言ったか知らせてやりたかった。
この手の中で命が消えていく瞬間を教えてやりたかった。
あなた達がしたことはこういう結果になるのですよ、と。
そういう想いもあるのです。
sidetitleプロフィールsidetitle

竜田姫

Author:竜田姫
3匹の猫と暮らしています。
ボランティアのお手伝いでステイもしています。

sidetitleいくつになったの ver2sidetitle
sidetitleくろねこ時計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle応援しますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。